DIGGIN' MAGAZINE

ISSUE 07 - HAKUBA ISSUE

¥1,406

今号は、一冊まるごと白馬の特集です。
「白馬」とひとことで表しても、その広さは相当なものです。大町市、白馬村、小谷村と3つの市町村にまたがって点在する10のスキー場は、最南端の爺ガ岳スキー場(大町市)から最北端の白馬コルチナスキー場(小谷村)まで、麓の国道148号を走っても30kmを要するほど。 はたして皆さんは、白馬エリアの全貌を明確に把握できているでしょうか?
そこで、今回の特集では白馬を「SOUTH」「CENTRAL」「NORTH」とエリア分けし、それぞれに違いのあるフィールドの個性と魅力を捉えてみました。今現在の白馬を滑るローカルたちの目線から。
白馬には、「HAND」や「HAKUBA MOUNTAIN LIFE」といったフリーマガジンがあり、「Live Naturally」というフィルムメーカーも存在します。スノーボードないしは、マウンテンカルチャーにおける文化が、しっかりと根付いている証拠です。 そんな日本が世界に誇れるフィールドのひとつ。 そこにある、あまりに非日常的な“ローカルたちの日常”を通し、「白馬」というフィールドをより深く感じてもらえるキッカケになればと思います。- from Diggin' Magazine

Related products